• 会社情報
  • 代表挨拶
  • 経営理念
  • 会社概要
  • 沿革


お問い合わせはこちらから
トップページ > 会社情報 > 沿革

沿革


※画像をクリックするとPDFファイルが開きます。拡大して詳細ご覧いただけます。


1979年 「あなたのお店のセントラルキッチン」を目指して会社設立
業務用高級スープ、ソースの製造を主目的とする
資本金1,000万円
1980年 静岡県清水市(現静岡市清水区)に自社工場を竣工し製造を開始
キスコブランド製品販売開始
【チキンブイヨン】や【ガラスープ】を缶詰製品として製造・販売
1982年 日本で初めて業務用フォンドヴォーの製造・販売を開始
1983年 【アメリケーヌソース】【コンソメ】の冷凍製品の製造・販売を開始
1987年 大阪営業所を開設
1990年 【HCQ(ホテルクラスクオリティー)】ブランド製品の製造・販売を開始
1991年 レトルトパウチ製品の製造・販売を開始
1994年 製造能力の増大、生産効率及び品質管理の向上を図る為、新工場を竣工
チルド製品販売開始
1995年 和食名人ブランド製品販売開始
中部営業所(現在の名古屋営業所)を清水工場内に開設
1996年 原料管理強化の為、冷凍保管庫を増設
名古屋営業所を開設(清水工場内から現在の住所に移転)
1997年 増資して資本金を3,000万円とする
1998年 品質向上の為、回転式高温高圧殺菌装置を導入
1999年 業務効率化の為、包装ラインを新設
2000年 【カジュアルライン】ブランド製品の製造・販売を開始
2001年 安全性向上の為、X線異物検査装置を導入
2003年 品質向上の為、畜肉冷凍原料の解凍庫設置
ニュージーランドでの【フォンドヴォー】開発・輸入を開始
2005年 冷凍製品生産性向上の為、製品凍結庫新設
イタリアでトマトソース【サルサポモドーロ】の開発・輸入を開始
2006年 製造量増加の為、包装ラインを増設
2007年 ニュージーランドで【ベシャメルソース】の開発・輸入を開始
冷凍製品増産の為、第3凍結庫新設
2009年 創業30周年
トレーサビリティの導入
自社生産管理システムMRP(Material Requirements Planning)の導入
2010年 代表取締役社長に久世真也就任、凉野友康は取締役会長に就任
2011年 【ベースライン】ブランド製品の製造・販売を開始
ニュージーランドに製造子会社「KISCO FOODS INTERNATIONAL LIMITED」創立
増資して資本金を9,000万円とする
2013年 ISO22000認証取得
増資して資本金を3億円とする
2014年 代表取締役社長に長岡慎司就任


ページの一番上へ



お問い合わせ | サイトマップ | プライバシーポリシー
Copyright (c) KISCO FOODS Co.,Ltd. All Rights Reserved.